アンティークという言葉の歴史について

アンティークの意味は骨董や古美術

アンティークとは、フランス語で骨董や古美術を指す言葉です。日本語でもそのままの意味でとって良いのですが、アンティークな品については特別な定義があるわけではありません。つまり古ければなんでもアンティークかというとそうではなく、芸術的だからアンティークかといってもそういうわけでもありません。
品物につけるアンティークという言葉については、1934年にアメリカの通商関税法で「100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」と示したのが通説となって世に広まっています。しかし、日本では表記について特別な決まりなどがないのが実情です。家具や雑貨に冠する言葉としては、アンティークのほかにも、ヴィンテージやレトロなどが使われています。

思いのほか幅が広いアンティークの中身

しかし、おおむね100年以上前のもので、時間を経過したからこその美しさが感じられるものと考えてよいと思われます。定義というにはかなり主観的で曖昧といえます。
たとえば家具で言うと、王侯貴族の舘で使われていたものから、庶民の実用品まであるわけで、美術的な美しさでなく機能美に着目されることもあります。実際には美術品として飾って楽しむものから、古いけれども使用可能なものもあります。一般にコレクタブルと呼ばれるオークションで高値がつくような家具を指すという考え方もあり、ジャンクと呼ばれる少々難有り的なものも含める考え方もあるようです。
アンティークの品を選ぶ際には、各々が自分の審美眼を持ってどのように生活に取り入れるかを考えて選ぶことが必要です。